企業情報

ごあいさつ
マルビシ高圧工場写真
株式会社マルビシ高圧はLPガス容器の検査会社として昭和48年3月に設立いたしました。東日本大震災で証明された「災害に強いエネルギー・災害時のエネルギーの最後の砦」とまで言われるプロパンガスを安全に消費するための容器検査をしております。

再検査で不合格となった容器を排除し、合格した容器のみを流通させることで公共の安全を確保することを目的としております。

過疎化・少子化による人口減少化社会という内需型産業にとって厳しい時代が到来しておりますが、「安全第一お客様第一」を掲げて、お客様に選ばれる検査会社を目指して社員一同力を合わせて、邁進してゆく所存です。
定期的な安全教育
  • 毎月の保安教育
  • KYT(危険予知トレーニング)
  • 社員全員による月例点検の実施
  • 社員全員による普通救命講習Ⅰを修了し,救命技能取得
  • 安全衛生標語の朝礼での唱和(社員から募集の標語)
  • 避難訓練
  • 消防訓練
社名
株式会社マルビシ高圧
所在地
〒989-6422
宮城県大崎市岩出山字重蔵87番地3
  TEL. 0229-72-1570
  FAX. 0229-72-2126
設立年月日
昭和48年3月17日
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役  菱沼 修
従業員
21名(60代1名 ・ 50代1名 ・ 40代10名 ・ 30代8名 ・ 20代1名)
集荷範囲
東北5県:宮城県、岩手、福島、青森、山形
年間処理本数
9万本強
加入団体

業務内容
  • LPG容器再検査(小容器・500K容器・自動車用容器)
  • LPG一般複合容器再検査
  • フロン容器再検査
  • LPG新容器マーキング業務
  • LPG容器及びLPGバルク貯槽くず化処理

設備概要
残ガス回収タンク 2.9トン 1基
残ガス回収タンク 1トン 1基
非水槽式自動耐圧試験装置 2重連 1基
水槽式自動耐圧試験装置 1基
非水槽式耐圧試験装置 500キロ容器用 1台
非水槽式耐圧試験装置 自動車用等特殊容器用 1台
自動容器研掃装置 1式
自動紛体塗装装置 1式
自動バルブ脱着機 3台
くず化処理用プレス機 1台